〝師走〟ですが…名入れカレンダー間に合います

今年も残すところあと半月。年の瀬に向けた慌ただしさの中〝師走〟と言う言葉がピッタリな時期になりました。この時期になると「師走は慌ただしくなるね」とか「師走のせいか街には人があふれているね」等、みなさんもこの〝師走〟という言葉を耳にする機会が多いのでは?と思います。

〝師走〟とは元々は旧暦(太陰暦)の12月の事を意味していましたが、現在の新暦(太陽暦)でも12月を表す言葉として使われています。今でも〝師走〟の「走る」という言葉が、年末に忙しく走り回っているイメージと重なり、広く使われているようです。

〝師走〟の由来としては、お坊さん(師匠の僧)がお経をあげるために忙しく走り回っている姿から、師走という言葉が出来たという説や、御師(御師とは特定の寺社に属して、その寺社への参詣者の参拝、宿泊のお世話をする人)がこの時期が最も忙しい事から、師走になったという説等、他にも諸説ある様です。

そのほとんどが年末の忙しい時期という事に由来し、昔から年末の慌ただしさを表す言葉として、日本では〝師走〟という言葉が使われてきたようです。

という事で、今年も残すところあと半月となりましたが、名入れカレンダー、まだ間に合います。名入れカレンダー、まだ受け付けます。

  • 名入れカレンダー、手配し忘れたけどもう間に合わない?という会社様
  • 今年は作る予定がなかったけど、やっぱり必要だ…という会社様
  • 年内納品はもう無理だろう…と諦めている会社様

まずはご相談ください。最短納期にて対応いたします。

例えば YG46 匠の美(3色文字月表)

100冊×@300=30,000+別途初回版代@3,500=計33,500円(税別)

例えば YG202 卓上ビビットカラースケジュール

100冊×@350=35,000円+別途初回版代@5,000=計40,000円(税別)

カレンダー、タオルの事なら何でもご相談ください